浮気相手の身元調査

愛人と別れさせたい場合の探偵利用法

まず愛人と別れさせたい場合の探偵の利用方法ですが、一番の強みはやはり情報収集ですね。確実な証拠をおさえ、愛人関係にあることを明白にする証拠をおさえることで、相手よりも有利に交渉を進められます。愛人は、基本的に付き合っている相手が結婚している既婚者だということを知っていますから、場合によっては慰謝料を取ることもできます。しかし、別れさせることが目的なのに、愛人から慰謝料を取ろうとするのは難しいです。愛人側からすれば妻または夫に問題があるから、その穴埋めをしていると感じている人も多く、別れさせたい場合は心から納得させる必要があるのです。

 

愛人は交渉すれば案外すんなり別れてくれる事が多い

実は愛人は交渉後にすんなりと別れてくれることが多いのも事実です。愛人は、既婚者と付き合っているという意識を普段から持っています。ですから、相手と会うときもコソコソと会い、周りにあまり堂々と話せる関係ではないことを知っています。つまり、普段から「悪いことをしている」という意識があり、罪の意識があるのです。ですから、依頼者が探偵から得た確固たる証拠とともに、夫または妻と別れてほしいと交渉した場合、「こうなることがわかっていた」という風にすんなりと別れてくれるケースが多いのです。ただし、既婚者であることを知っていてそれでも愛し合うことを選んだ相手ですから、すんなりと別れたように見えて、関係が続いていることが多いのもまた事実です。慰謝料で脅しても動じないことも多いので、できれば心に訴えかけること、愛人関係に発展性がないことを相手に訴えかけることが有効な手段となります。

 

金銭関係があるような関係なら慰謝料請求は諦めたほうが良い

愛人関係にある場合、妻または夫がお金を愛人に貢いでいるようなケースもあります。逆に、愛人側が夫や妻をかわいそうに思い、金銭を与えているようなケースもあります。このような場合、単純に既婚者とわかっていて浮気をしていたとして慰謝料を取ることは難しくなってきます。場合によっては売春のように受け取られても仕方ないことになります。このように金銭の授受が関係に絡む場合、慰謝料の請求はまず諦めたほうが良いでしょう。下手をすると、逆に愛人に訴えられるような場合も考えられるからです。

 

安い探偵もあるが安いだけの探偵はやめておこう

こうした愛人関係の探偵調査を依頼する場合、探偵事務所を選ぶ際は安いだけで選んではいけません。安いというのには必ず理由があります。探偵事務所でかかる料金のほとんどは人件費ですから、相場もある程度決まっています。その相場よりも安すぎる場合や、高額すぎる探偵事務所は危険です。相場よりも安すぎる場合、調査の質が悪くなるか、後からかかる追加調査料金がかなり高くつく場合があります。愛人関係の調査では、調査の途中段階で探偵への依頼がバレてしまってはいけません。愛人関係の場合は長年にわたり関係が続いているケースが多く、相手もばれない工作がとても上手です。頻繁に会わなかったり、いつでもコソコソ会っていて証拠がつかみにくいケースも多くなります。安いだけの探偵に調査を依頼しても、真実がわからない調査報告だったり、追加が高くついてしまっては意味がないので、安いだけでなく、愛人関係に強い探偵事務所で、かつ明朗会計の事務所を選ぶようにすると良いでしょう。

 

まとめ

探偵事務所は、情報を収集するプロではありますが、別れさせるための工作は基本的には行いません。ですから、愛人にできる手段とすれば、「交渉」です。その為に有効な証拠を集めてもらい、正当な手段で愛人問題に取り組んでいくようにしましょう。また、別れさせるための交渉をしてもらえるか、探偵事務所の無料相談で確認しましょう。別れさせる工作はできませんが、愛人に対し「慰謝料の請求をしない代わりに別れてほしい」などの話し合いの席を設けて交渉をすることは可能なところもあります。初めにそのような交渉についてもどこまで協力が得られるか探偵事務所に確認しておきましょう。