浮気相手の身元調査

職場内や仕事関係の人との不倫はよくある話

職場恋愛や仕事関係の人との恋愛の末に結婚することがあるように、職場内や仕事関係の人とは過ごす時間や共有するものが多い分、恋愛に発展しやすいのは事実です。ですから、よく聞く話なのですね。職場内では有名なダブル不倫の話も、その妻や夫には知られていないのですから不思議です。でも、職場内では有名な話でも、その情報はなかなか外には漏れないのです。ですから、自分が頑張って夫や妻の職場の人から聞きだそうとしても、なかなか証拠はつかめません。ある意味、不倫孤島となっている会社という環境内の情報を探るのは、やはりプロの技術が必要なのです。

 

職場に不倫がバレて居づらくなったり、退職に追い込まれないように・・・

職場内でも知られないよう、ばれないように不倫をしているケースも少なくありません。そのような場合、探偵に調査を依頼していることが同僚にばれれば、それが社内のニュースになることも考えられます。探偵も質は様々ですから、中には横暴な調査を行うところもあります。ですから、どんなに社内では有名な不倫関係でも、まずはばれていないであろうと考え、慎重に調査する必要性があるのです。万が一ばれていない不倫関係がバレてしまうと、夫または妻が最悪の場合退職に追い込まれるケースもあります。そうなると、浮気をされた側だといっても同じ家計なので困りますよね。探偵事務所を選ぶ際は、もちろん費用面でのお得度も重要ですが、慎重に調査をしてくれる優良な探偵事務所を選ぶことが大切です。

 

プライベートで会っているというだけでなく不貞の証拠も欲しい

単純に仕事仲間と、休日にプライベートで会っているというだけでは、実際のところ不貞の証拠としては乏しいのが現実です。例えば、仕事仲間の女友達が、彼氏に何を買うか迷っていて、それに付き合っているだけだとも考えられるからです。社外で会っているとか、プライベートで内緒で会っているというだけでなく、やはり自宅やホテルなどの決定的な証拠がなければ、交渉もうまく進まない可能性が高くなります。一方で、会社の同僚と出張先で浮気を繰り返しているなどの場合は、ホテルに入るというだけでも不貞の証拠としては不十分です。職場不倫の場合は、慎重に調査する必要がある上に、不倫の証拠もなかなかつかみにくいのが現実なのです。

 

仕事関係の人の浮気調査していることがバレないようにしたい

職場の人ではなく、会社関係で付き合いのある人との浮気調査でも、やはり慎重さが必要となります。例えばそれが本当は浮気ではなく、単純に密な付き合いをすることで会社に有益な仕事をしているだけだった場合、浮気調査をしていることが仕事関係の人にばれたら、会社同士の付き合いもなくされてしまう可能性があるのです。会社に有害な調査を依頼したとして、会社側からプライバシーの損害や名誉棄損などを訴えられる可能性もあります。仕事関係の人との浮気調査では、浮気が確定するまでは決して調査していることがバレないようにしましょう。

 

不倫調査を数多く手がけたノウハウがある探偵に相談しよう

このように、職場での不倫や、会社で付き合いのある人との浮気である場合、浮気調査が難航する可能性が高い上、調査していることがバレた場合のリスクも高いです。ですから、慎重で緻密な作戦により、調査を進めていくことが大事なのです。浮気調査を依頼する探偵事務所を選ぶ場合は、不倫調査を多く手掛けていて、社内不倫や仕事関係の人との不倫についても多く調査実績のあるところを選びましょう。件数が多ければ多いほど、それだけノウハウがありますし、探偵の実力も確かだと考えられます。不倫調査を多く行っている探偵事務所かどうかの判断基準としては、件数の多さに着目するだけでなく、どのような得意分野があるのかサイトを見たり、実際に相談して判断しても良いでしょう。