探偵依頼は離婚目的ばかりではない

探偵に浮気調査を依頼するというと、「離婚したいのかな」と考える人が多いです。実際、探偵が集めてくる浮気の証拠や相手の情報を得る目的として慰謝料の請求だと考える人も多いからです。しかし、実際に依頼してくる人の多くは、まだ離婚したいと思うほど相手を嫌っていないことが多く、別れたくないけれどモヤモヤした気持ちを抱えるのも嫌という人が大半なのです。ですから、必ずしも探偵に依頼して調査したゴールが「離婚」だと考えるのは間違いです。

 

別れさせる目的でも浮気の証拠は欲しい

不倫相手や浮気相手と別れさせる目的としても、自分の言うことが正しいという「証拠」が欲しいですよね。例えば、恋人や夫または妻に「浮気をやめてほしい」と言っても、証拠がなければ「何のこと?」と言われて終わってしまうからです。きちんと相手と話をする為の材料や手段の1つとして、探偵の集めてくる決定的な浮気の証拠はとても有効なのです。また、浮気相手に証拠として提示するのもとても有効です。浮気相手を呼び出し、「浮気をやめてほしい」と言っても、浮気相手も「なんのこと?」と言ってはぐらかしてくる可能性があります。また、強気で「別れるつもりはない」と言ってくる浮気相手も中にはいるでしょう。でも、この時浮気の決定的な証拠を突き付けることができれば、「裁判で慰謝料を請求する前に関係を終わらせてほしい」というのは相手にとって大きなダメージとなります。このように、不倫相手と別れさせる目的で探偵の浮気調査報告を利用することもできるのです。

 

浮気相手への交渉が必要になるなら相手の素性・住所も調べたい

さらに、浮気相手の素性がわからなければ、相手と浮気をやめてほしいという交渉もできません。それでは何も現状を変えられませんが、探偵に浮気相手の素性を調べてもらうことができれば、住所などから直接相手にコンタクトを取ることができ、相手との交渉を進められます。相手の状況によっては、慰謝料の請求は考えられない場合もあります。ただし、復讐を目的とした依頼者への情報提供はできません。探偵からそのような目的を感づかれれば、依頼を断られてしまう可能性があります。浮気相手へ復讐したい気持ちはわかりますが、浮気をしていたのは自分の大好きな恋人や夫や妻でもあるのです。また、法律を使えば慰謝料を請求するなどの手段で相手に痛手を負わせることもできます。怒りに身を任せた復讐のために情報を使わないようにしましょう。

 

浮気相手への慰謝料請求or請求しない代わりに別れてもらう

恋人や夫や妻と別れたくない人は、探偵から得た情報を使って相手に慰謝料を請求することもできますし、請求をしない代わりに速やかに別れるように指示することもできます。確たる証拠は裁判でも十分に戦えるものですから、それを提示することで、こちらに有利な交渉を行えるのですね。慰謝料も請求して、その上別れてもらうということは、基本的には難しいです。さらに、浮気が確定的な証拠であっても、浮気していた夫や妻が既婚者であることを相手が知らない場合、罪には問えない場合があります。それどころか、浮気していた夫や妻に対し、既婚者であることを黙って付き合っていた偽証についてとがめられる可能性もあるのです。

 

夫婦の浮気問題に強い探偵事務所に相談してみましょう。

実際に別れたくないという理由で探偵事務所に依頼をする場合、夫婦の浮気問題に強い探偵事務所を選ぶほうが良いでしょう。探偵事務所にはそれぞれ強みがあります。探し物、探し人に強い探偵事務所もあれば、このような夫婦問題を多く取り扱う探偵事務所もあります。このような事務所の傾向は、サイトや口コミなどを見てわかる場合もありますし、実際にいくつか探偵事務所に相談してみるのも良いでしょう。その上で、一番自分との相性の良い事務所、話しやすくリサーチ力の信頼できる事務所を選ぶように相談しましょう。