浮気の証拠だけでなく、浮気相手の素性も調べておいた方が良い

探偵に浮気調査を依頼する場合は、多くの場合が浮気相手への慰謝料請求を考えています。そして、多くの人が、浮気の決定的な証拠をおさえておけば慰謝料を請求できると単純に考えています。しかし、実際にはそう単純な話ではないのです。特に浮気の証拠と同じくらい大切なのが浮気相手の素性です。その結果によっては、慰謝料請求を目的に裁判を起こすべきではなく、示談で済ませる必要性も出てくる場合があるのです。

 

浮気相手が未婚者なら慰謝料請求や交渉が進めやすい

まず夫または妻の浮気相手が未婚者であった場合、慰謝料の請求や弁護士を通しての交渉は比較的進めやすいです。裁判で争う場合、既婚者であることをわかった上で付き合うことを選んだ浮気相手に、浮気された被害者が慰謝料を請求することができます。この時相手が未婚者であった場合は、既婚者であることを知っていたかどうかがポイントになります。

 

ダブル不倫だった場合は慰謝料請求は難しくなる

一方で、妻または夫の浮気相手が既婚者で、ダブル不倫だった場合ですが、このケースでは慰謝料の請求が難しくなります。なぜかというと互いの罪で相殺されてしまう可能性が高く、結果的には「痛み分け」となることが多い為です。ダブル不倫だった場合、まず妻が不倫している場合には夫が相手の男性に慰謝料を請求できます。一方で、その相手の男性の妻も、今度は自分の妻に対して慰謝料を請求してくることになります。妻と夫でまったく別会計で家計をきりもりしている場合は、それぞれ慰謝料を支払う裁判を起こしても良いですが、そうでなく家計が同じ場合、お互いに慰謝料を支払いあうことで相殺されてしまう可能性が高いのです。こうなると弁護士費用や裁判費用を無駄にかけるよりは、示談にして慰謝料なしで関係性を終わらせるのみとなるケースが多いです。

 

浮気の事実確認だけよりも費用が掛かる覚悟はしておこう

不倫相手や浮気相手の身元や素性を知っておかなければ、慰謝料請求などを考えた場合には、有利とは言えません。ですから浮気が確定した場合には、相手のことを調べてもらう必要があります。相手の素性を知る為にはより多くの時間と調査が必要となる分、探偵への依頼料金もより高額になります。調査を依頼する段階では、不倫相手が未婚か既婚かはわかりませんから、確実に慰謝料で元が取れるわけではありません。それなりに高額なお金を支払うコストが生じることをきちんと了承して、相手の身元調査を依頼しましょう。

 

離婚したいのか、浮気相手と別れさせてやりなおしたいのかによって違う

最後に、夫または妻の浮気を調査する場合、自分なりに何を「ゴール」に設定するのかを決めておかなければなりません。例えば離婚しようと考えている場合です。浮気相手が未婚だった場合、浮気相手からの慰謝料と浮気をした妻または夫からの慰謝料をもらって離婚できます。この場合、浮気の具体的な証拠が必要となる上、浮気相手の氏名や住所など具体的な情報が必要となります。一方で、浮気相手が既婚だった場合でも、同じように浮気相手と浮気をした妻または夫から慰謝料をもらって別れられます。しかし、別れたくない場合、不倫をやめさせてやり直したい場合には、話が異なります。不倫をやめさせたい場合で、浮気相手が未婚者だった場合には相手に慰謝料を請求して、関係を終わらせることができます。しかし、相手が既婚者だった場合、浮気をしていた夫または妻にも慰謝料を請求される可能性があるので、相手に慰謝料を求めることはできません。浮気相手と別れさせて自分とやり直させたい場合、あまり具体的な証拠で妻や夫を脅すのも、良い方法とは言えません。ゴールによって、探偵の調査結果をどう利用するかが異なるので、まずは調査を依頼する段階で、自分なりの「ゴール」を決めておきましょう。